The link at the date of the calendar is an entry.
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告
retire
2009-09-03 Thu 13:53
東京から帰ってきました。
昨日は父のラストフライト!!


幼い頃から飛行機が大好きで、
父の仕事には同学年の誰よりも興味を持って接してきたつもり。
それと同時に母の仕事も好きだったので、今の仕事をしているわけですが。
でも、どちらにしても
「私は飛行機に乗って仕事をしたい!」
と幼いころから、とくになにか大きなキッカケもありませんが思うようになったわけです。

思い返せば私が父の仕事に一番最初にハッキリと触れたのは小学2年生くらいのとき。
当時は全く分からなかったけど、就活中に知った、アレは「世界初」の試みだということ。
私の心に残されているのは「ワクワク」という気持ちだけですが
あのときから私の夢はここにあったのかもしれません。

飛行機は私にとっては特別な乗り物です。
これは同期のサラブレットにも言えることですが、飛行機について喧嘩をしたこともあるくらい、
馬鹿みたいにアツかった時期もありました。





私の生きてきた道とこれからの私を支えてくれる今の仕事に、私は誇りを持っています。
もちろん不満は尽きることがないですが。。。
でも、この仕事以上に今私がやりたいと思う仕事はありません。
将来辞めてもこのキャリアを生かすことができるように、
今を一生懸命頑張ることが、なによりも大切だと思っています。
それは父や母を見ていて、とても強く思うことです。

母がいつか言った
「お父さんがどれだけの気持ちで毎日飛んでいると思ってるの!
何百、何千もの人の命を預かっている気持ちとか責任とかプレッシャーがわからないの!」
という言葉。
整備のサラブレット同期が私がラインアウトしたときに言ってくれた
「“安全”は俺たちが守る。だからお前たちは“安心”をお客様に届けてくれ」
という言葉。
素直に受け取りすぎなのかもしれないけど、
本当に感動して、「1機飛ばすのに関わる人の多さと大切さ」を身にしみた瞬間です。
サービスも大切ですが、なによりも「Safety 1st」をこれからも大事にしていきます。
日々、お互いを支え合う、地上・整備・運航といった直接関わる部署をはじめ、
清掃・ケータリング・セキュリティー・営業エトセトラ・・・みんなに感謝感謝です。





そんな素晴らしい空の仕事に従事できる私たちは幸せです。
父は30年以上のFlyer人生お疲れ様、残りの空も楽しんでほしいとおもいます。
スポンサーサイト
別窓 | family | コメント:0 | トラックバック:0
長い長い私の、そして、藤本家の一日
2008-12-06 Sat 11:24
私、11/26は25時半(夜中の1時半)に寝ました。

11/27の出社時間は6時5分、家は5時15分に出るつもりで、
「あーあんまり寝れないなぁ」と思いながら眠りにつきました。



すると2時半、母に叩き起こされました。
夏に一度、少し触れましたが我が家の愛犬がまた・・・

いつもなら、それでも「大丈夫」という、無責任な安心感があったような気がするのに、今日だけは違う、いつもと違う不安感。
母が抱いている私の二人目の弟は、昨日の寝る前までの有り余るほど元気だった姿と全然違っていた。
現実を認めたくなくて、全身が震えて、怖くて何も出来なくて、呼吸しているかの確認しか出来なかった私なのに、生きている心地がしなかった。

一緒に病院に来て欲しいというので用意していたら、今日のお昼から仕事の父が、朝早い私の代わりに病院へ。

そのまま4時半までなんとか寝て、起きたとき、「夢でありますように」という思いで両親と犬を探したけど、誰もいなかった。

気付いていたらしい弟も4時半には起きて来て、父だけが私を会社に送るために一時帰宅して、5時には冷たくて寒いリビングに無言で3人、向き合って座っていた。



そのまま私は出社して、
「どうしたんーめっちゃ眠そうやーん」っていう同期や後輩からの言葉にも明るく返せなくて、海外に行くのかってくらい長いフライトを含めて3便乗務終え、帰ろうとしたら、「ふじもとえりなさん、お父さんからお電話が・・・ご家族に不幸があったみたいで・・・」って。
私、客室部の隅のほうで泣き崩れてしまって・・・まとぅん、支えてくれてありがとう。

私には今日で最後になるS1に迎えに来た両親を見たとき、私は歩けなくなった。
無理やり車に乗って、二人目の弟が入った箱の横に座ったとき、こんなに水分が体にはあるんやー、って漫画みたいに化粧が崩れ落ちるのを感じながら(そのときはそれどころじゃないけど)疲れるまで泣いた。




お葬式と火葬をして家に帰宅。
葬儀場では、どれだけの時間をどうやって過ごしたのか、あんまり思い出せない。
小さく白い骨だけになった二番目の弟を抱きながら、そこで飼ってるみたいな猫の横に座ったら、異常に懐かれた。



突然すぎて、もう家にいないなんて、もう二度と会えないなんて思えないけど、きっと彼自身を含めて家族全員、なんかしら心の準備があったような気がする。
夏に持ち直したときには私は名古屋、父は海外だったのに、今回は滅多に揃わない家族が今日に限って全員いたり、
11月にはいって急に弟がケータイの待ち受けを彼にしたり、
私もいつもは撮らない写メを撮ってみたり、
そして最近、家族全員が彼の亡くなるその日に怯えていた。
ちなみに、昨日の夜ご飯分で餌がなくなって、今日買う予定だったらしく、
彼は彼なりに、藤本家の金銭面の心配もしながら旅立ったみたいです。




母がダウンして家事機能が完全停止したので、
今日の夜から私が主婦業に専念です。
彼は私が28日から3連休だということを知っていたでしょうか?





私に似て突然不思議な行動に出るし、割と冷たいし、そんなに忠誠心もないけど好奇心旺盛ないいやつでした。
最近「生きる」ことに関していろいろ考えさせられる出来事が多いですが、毎日を大切に生きようと思いました。




もう触れることは、撫でてあげることは、一緒に歩くことは出来ないけれど、
感じることは出来る。


「ずっと大好き」choop bee maak!!
別窓 | family | コメント:2 | トラックバック:0
足形
2008-05-04 Sun 17:53
20080504175403
うちのワンコに足形をとらせた。

予想外の大きさだった…
別窓 | family | コメント:0 | トラックバック:0
目玉
2008-01-29 Tue 17:50
芸人は計算して笑いを作り出す。

頭の回転が早い人種やなぁとつくづく感じる。

しかし天然は突然笑わせてくれるから予想が付かず、

理解するのに時間をかけるためワンテンポ遅れてしまう。



伝説のスッチーはいざ知らず、

元祖・スッチーと呼ばれる人種は天然モノが多かったと言われる。

そして私の母は、元祖・スッチー。



普段は意味わかる行動をとる彼女であるが、

突然意味わからん行動にでる。

発言もたまにわからない言葉が混じる。

頭はあんまりよくない気がする。

自分のテリトリーがあって、そこで驚異的なカリスマ性を発揮してくれる。



今までにも何度かあったが、

今日は「…そこ間違う?」やった。

むしろ正式名称わかってなかったから。



犬の散歩に行くためダウンを着込み、

ジッパーを最大限上げていたら

「お母さんもそうする。ほんま目玉帽ほしいわ」



…目玉…?







お母さん、きっと目出し帽だね。

目出し帽というのが正式名称でなくても

目玉ではないよね。
別窓 | family | コメント:0 | トラックバック:0
小栗ン
2007-12-07 Fri 15:41
昨日は小栗ンに会いに行きました
やっぱかっけ-ッス

ただ、
内容が
哲学的で
聖書的で
ページェントみたいで、
途中眠たくなって
気づいたら寝てました…

でも彼の演技にはなんであんなにすいこまれるのでしょう。
圧倒的な存在感。
オーラっていうか、
「気迫」がハンパない。


でもめっちゃかわいい笑顔と
素直な小栗ン。
あんな彼氏ほしぃ-
どこにも見あたらないなぁ。




終わった後はミナミにでて和食を御馳走になりました。
お品書きに値段のないお店。
怖い怖い怖い…
家族連れも
夫婦も
カップルもおらず、
周りは同伴客ばかり…
母達は同期のお食事会によく利用してたそうな。
昔と今の待遇の違いを思い知らされますね…


初めて日本酒を一緒に飲み、
おいしい食事を楽しみました。
普段はビールと焼酎やけど、
こういう料理には日本酒が合う
大人になったね、ワタシ
ワインとカクテルはやっぱりまだ苦手やけど…



2時間ほどいて帰路につく。
私は梅田で降りてバス。
そのまま会社に寄ってから一人寂しく前泊だったのでした。
一人で寝るのは寂しいものです。
“寂しがり屋の独り好き”な私ですが
たまにはね。
別窓 | family | コメント:0 | トラックバック:0
| dont think, feel | NEXT

retrieval***

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。